カシパンドローム

カシパンドロームは小出マワルの所属する個人サークルです

Text-Revolutions Extra 2(テキレボEX2)にサークル参加します

f:id:boundary-line:20201214082819j:plain

よろしくお願いします

 

全通販型即売会【Text-Revolutions Extra2】(テキレボEX2)にサークル参加します。

テキレボEX2は、2020年12月26日(土) 21時~2021年3月21日(日)  までウェブ開催され、ウェブ通販で同人誌を購入することができます。

いろいろなサークルさんの同人誌に出会えて、いっぺんに通販で注文できて便利ですのでお見逃しなく。

 

テキレボEX2購入方法はこちら

Text-Revolutions Extra2 アイテム購入方法 – Text-Revolutions

 

 

テキレボEX2のWebカタログはこちら

https://plag.me/c/textrevo_ex2

 

 

新刊「OBORO」

カシパンドロームの新刊は、写真+エッセイのZINE「OBORO」です。

f:id:boundary-line:20201214082837j:plain

新刊です

内容

数十年前に笑えてたような話をおぼろな記憶を頼りに書いたエッセイは、約800+800+1300文字の3本入っています。

また写真は、2020年の夏の太陽が優しい時間に街歩きをして撮った写真が8枚、フルカラーで入っています。

 

外観

「この紙が表紙に良いんじゃないか、お金がかかるけど……」と思って使ったパール系の紙「シャインフェイスシルバー」が思っていたとおりの良さでして。写真と文字、背景の水彩っぽい滲みが、光に当たると拡散して良い感じ……!

 

あと中の紙は、マット135kgにしたのです。(冷静になれば厚すぎかなと思いました)
確かにちょっと厚いです。でも厚みがあることで、ZINEの紙の腰がバシッとでて、よかったなと思いました。

 

とまあ、印刷屋さんの腕が間違いないと思うので、見た目の良いZINEにはなっています。

 

想定している読み手

私の写真ブログ「Pyrographilica」の読者さんを中心に、写真とテキストの組み合わせを楽しんでいただける方にお手にとっていただければうれしいです。

 

 

【グッズ】ポストカード

f:id:boundary-line:20201214082825j:plain

今年のきれいめ写真を選びました

 

ポストカードをグッズとして販売いたします。
よろしければお求めください。

 

既刊「深海航路」「掘削日和」

f:id:boundary-line:20201214082833j:plain
f:id:boundary-line:20201214082829j:plain
こちらもよろしければ

「深海航路」は、マリアナ海溝最深部チャレンジャー海淵の堆積物を調査採取するために海洋調査船「かいれい」に乗船した記録です。

「掘削日和」は、駿河湾沖で試験掘削を行う地球深部掘削船「ちきゅう」に乗船した記録です。

どちらも日記ですので読みやすいと思います。

 

 

カシパンドロームのウェブカタログはこちらから

(購入できる期間は2020/12/26~2021/1/10です)

https://plag.me/c/textrevo_ex2/2725

 

TONTTU

 TONTTU(トントゥ)はフィンランドの周辺では、妖精の小人で人間の身近なところや森の中で暮らしているとされ、クリスマスにはサンタクロースのお手伝いをするといわれています。

 

f:id:boundary-line:20200807162834j:plain

スイッチを我も遊んでみたいのだ

触ったら割と簡単気楽だよ

なるほどと近づき見ては思うこと

f:id:boundary-line:20200813111041j:plain

ずいぶんと角が丸いね優しいの?

見た目だけかもしれないぜそんなこと

僕は丸いものを信じているのだわ

f:id:boundary-line:20200813111015j:plain

スイッチのスイッチはどこにあるのかな?

ソフト何あるのかな?みんなで遊ぶ?

スイッチのスイッチは上だそうだよ

 

よーしじゃあ!みんなで遊ぶかー!

 

<おわり>

 

ZINEの完成をめざして - Pyrographilica

2020_07_ふりかえり_テキストまわり

f:id:boundary-line:20200731135917j:plain

ブログに書くと止めてしまう癖があるみたいで


 月初は詩作をしていましたが、徐々にトーンダウンして書かなくなってしまいました。創作活動する時間がなくなると、人生が面白くないと感じてしまうので、なんとかしたいのですが。

 面白くてはじめたことですが「大変だなこれは……」と思うようになったのは事実です。手間がかかるというか。

 

 他には写真でグルグルしていることと同様に、書くことも自分のテーマみたいなものがないと書けない気がしてきて、気楽に書きづらい気分になってしまいました。

 ただ、川柳や詩は、言葉をパズルのように組み合わせていく遊びの面もあると思っているので、面白いと今も思っています。

 

もっと簡単なことからはじめる

 続かなかったので、もっと簡単なことからはじめるべきなのでしょう。
 お話を読んだり、書き方も書く直前になって読み込むより、普段からなにげにページをめくることをしていければ良いのかもしれません。

 

 そういえば、先月カクヨムで、はじめてキーワードで絞り込んでいくつもSSを読みました。意外とスマホから読むSSは読みやすくて、ちょうど良い文章量だと楽しめることが分かりました。マニアックかな?と思って調べた「深海」のお話も、けっこうたくさんお話が上がっていて、感動したり。

 

 自分に足りないのは、そういうところだと思っています。創作物が、その環境でどう楽しまれているのかをよく知らない。

 例えば、テキレボに参加したりしますが、テキレボの楽しさを私は十分知らないのではないか?と思う訳です。

 そういう、作品作った後は知らんみたいな姿勢が、創作活動の楽しめる部分を狭めているのかもしれない。

 

 ただ、それを解決するために、何をどうしたらいいということが、具体的にイメージがないのです。創作活動に効率も正解もないと思ってはいますが。

 答えがないから、自分でいろいろな創作物に触れていって、自分が好きな作品やジャンルを見つける。

 

8月は……

 8月はさまざまな作品に触れていくことに、意識的になっていきたいです。