カシパンドローム

カシパンドロームは小出マワルの所属する個人サークルです

「暁のTOMCAT」試し読み版を公開いたします

 「暁のTOMCAT」の試し読みを公開いたします。お買い物のご参考にしていただければと思います。

 よろしくお願いいたします。

冒頭3ページ

あらすじ的なモノ

 深海から見つけた細胞を使うと、いろんな生物のクローンが作れる可能性がでてきたので、ヒトクローンが作れるなら亡くなった娘のクローンがつくりたい!となるんだけど、その細胞を他の研究機関から狙われたりして、元奥さんに落ち着け!と言われるお話。

 

 ゆるいバイオサイエンスフィクション。40代の微生物研究者がヒトクローンをつくろうとするお話。4万字くらいで、1時間で軽く読めます。一応のハッピーエンドがありますので、安心して読んでいただけるかと。

 

 40代のちょっとゆるい深海微生物研究者、生駒湊が見つけたある細胞から、ヒトクローンが作れるかもしれない可能性が見つかって、あんまり頑張らない感じで研究を進めたり、ある細胞を他から狙われたりしていくお話。

 

 生物系研究分野での研究者は、ヒトクローンをつくる機会がきたら、こんな感じで研究者仲間とゆるく男の友情を交わしていたりする。かもしれない。BL表現はありません!あしからず。

 

 筆者の中で娘の沙弥佳がかわいくなりすぎて、絢香の「たしかなこと」を聞きながら、「さーちゃんに、もう一回会いたいな…」となったのはここだけの話です。沙弥佳そんなに登場しないのに何言ってんだって感じですが。

 

 元奥さんの名前が麻那佳なんですが、作中でふと「まーちゃん」と呼んでしまい、幼少期に大好きだったお姉さんの名前とかぶってしまったことに、ばぶみを隠せません。作中で湊はばぶりませんが。

 

 主人公の湊はゆるいけど飄々としているところがあって、上司の前でも「はぁ…」みたいな受け答えをしてしまいます。元気にとか派手なリアクションとかは頭にないんでしょうね。まあいい奴ではある。

 

「暁のTOMCAT」書籍情報

著者:小出マワル。

表紙イラスト:ともる(@rutomoru

書籍サイズ:A5

ページ数:68ページ

頒布価格:400円

2017/10/28(土)発行

「暁のTOMCAT」カシパンドローム@第6回 Text-Revolutions - Plag!

 

mawaruk.hatenablog.jp