読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カシパンドローム

カシパンドロームは小出マワルの所属する個人サークルです

執筆レポート170418


 4/1のテキレボで発表した本は、文章が自作ではなかったので、かなり楽してしまった。

 お話は書きたいと思いつつ、お話のネタ集めとして乱読を続けていたけれど、そろそろ書いてもいいんじゃないかと、大塚英志の「ストーリーメーカー」を読み終えて思った。

 だって同じ骨企画を書いた2016年末から、お話を書いていないですから。書きたいお話があるので、それは書いておきたいなということです。

 

プロットを書き始めた

 ブログにも書いた年初の予定通り、同じ骨企画の続きというか拡大版をまず書こうと思っていたが「芸術とは?」という、ものすごく大きそうな題を解く必要が出てきそうで、腰が引けてしまった。

 芸術論ではなく写真論ならなんとか書けそうだが、それでもまだまだ勉強しないと書けないだろう。

 現状からさらにテーマを絞って読書を続けることは、読書が続いていた日々をまだしばらく続けることになり、それはちょっとしんどい。

 そこで試しに深海の創作で考えたことのあったプロットも書いてみたのだけれど、こちらは「生命とは?」という題になり、またお題が大きい。

 しかし、微生物研究をやっていたことの地続きなら、芸術論や写真論よりはまだ生命論の方が、経験してきた時間が長く(真面目にはやってなかったけど)描きやすいのかもしれない。

 そして、そんな「生命とは?」というお題を、最初に解いておく必要もないのかもしれない。

 

 「ストーリーメーカー」のQ&Aを一通り書いてみたが、ぜんんぜ粗いプロットだし、整合性も怪しい。

 しかし足掛かりになるなら、お話が書けることにはなると思う。しばらくはプロットをいじりつつ、煮詰めていこうかな。

 

次作について

 これまで書いたお話は、同人誌にすることを目的に書いてきたけれど、次作はコンペに出すことも視野に入れておきたい。

 というのも、お話を書き終えたときに「これでよかったのかなぁ...」と、毎回思っていたからだ。

 下読みをしてくれる友人はいないから助言をもらうことは出来ないし、同人誌として買ってくださった方も、アンケートに回答してくださる方はものすごくレアだ。

 私としてはどんな感想でも嬉しいが、感想を返すほどのことが書けてないのかな、という気もする。

 一方でコンペにもよるが、応募作には編集者のコメントが返ってくるコンペもある。

 そういうプロ編集者の分析的なコメントをいただくこと(ズタボロに批判されるらしいが)も、一度は経験してみたらいいかなというヌルイ感覚である。(二度と応募しないかもしれないが、そんなに多作を書ける人生でもなさそうなので。)

 まあ、そういうことは書いた後で決めたらいいかな。

 

期待の新刊

 ツイッターで知ったのだけれど、「SFの書き方」という本が今週発売されるので、予約してみた。

 228ページもあるので、サッとは読めないだろうけど、今書きたいと思っているお話は、広い意味ではサイエンスフィクションだと思うので、読んでみて損はないハズ。

SFの書き方 「ゲンロン 大森望 SF創作講座」全記録

 

おわりに

 という訳で、執筆の方もレポートを書いてみました。週報で毎週書けるかは分からないので、進捗がなかったら月報になるでしょう。

 ブログでレポートを書くことは、誰かに読んでもらうことも大事でしょうが、自分で進捗把握したりモチベーション管理したりする効果が、小さくない気がしています。(写真ブログでやってみて)

 次のお話がどうなるか、ネタバレしない程度に書いていけたらなと思っています。