読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カシパンドローム

カシパンドロームは小出マワルの所属する個人サークルです

Zine展 in Beppu3が終了しました

ZINE イベント

 ひんやりというより、寒いくらいの朝ですね。

 最近、音楽の定額利用サービスをお試しで使い始めたのですが、最初は利用するための月980円は高いなと思っていましたが、数日使ってみて「意外といいかも」と思い始めています。

 音楽は作業BGMとして聞いているので、サービスに様々なセットリストがあり、聞いたことのある曲/ない曲が混じっているところがいいです。また新曲が聞きたければ少しはありますよというところで、これくらいなら納得できるかなと思っています。

 まあYouTubeで作業BGMを探して回るのも、悪くはないのですが。


 さて、Zine展 in Beppu3が終わって2週間近く経ちました。残った在庫も無事に帰ってきて、主宰の豆塚さんからも詳細なレポートを受け取ったので、ちょっと振り返りたいと思います。

 まず今回の委託出展に出した数の予想ですが、これは当たっていました。売り切れになったZineの種類はありませんでした。

 私は数多く宣伝する気はないので、1冊でも売れればOKだと思っています。そこにあるのは、購入された方が、数あるZineの中から自分が発掘した、ということを感じてもらえたら嬉しいということ。そのためには、もっと重箱の隅をつつくようなZineをつくらないといけないなと、思いを新たにしています。

 手元に置いておきたいと思って購入されて、おまけでちょっとでも感想をいただけたら、そこから次につなげていこうと思っています。

 そしてZineはあくまでもZine(同人誌も)なので、たくさん手に頒布できても利益は知れていて、利益を回収することに主眼に置くと、Zineとして本末転倒かなと思っているところもあります。

 今回のZine展の結果については満足していて、ネットのどこか、また現地で欲しいと思ってくださった方の手に届いたんだな、と思っています。

 

 無料配布のポストカードだけは、在庫なしになりました。無料配布にしたのに残って在庫で帰ってくるのもかわいそうなので、みなさんに受け取っていただけて良かったです。

 もともと無料配布を出すつもりは無かったのですが、Zine展の目指している理想や心意気みたいなものに感化されて、値段を付けたZineを買っていかれない方も、「Zine展に来てよかったな」と思って帰ってもらえるものを出したかった、というところです。まあ私は、ただの出展者ですが。

 現地会場は関係者の方々で工夫されて作られたと、参加された方のレポートで読んだので、来年があれば、どんな雰囲気のお店になっているのか、現地に見に行ってみたいなと思いました。

 主宰の豆塚さん、関係者の方々、Zineを手に取ってくださった方、ありがとうございました。