カシパンドローム

カシパンドロームは小出マワルの所属する個人サークルです

シンクウカンに思っていること

 
  • プロになりたい頃を過ぎて
 写真教室に通っていたころ、プロの写真家になりたいと思っていた時期があった。でもそうならなかったのは、自分に実力も経験もなかったし、年齢的にも「ゼロから挑戦するには難しいだろうな」という、あきらめの気持ちがあった。他にも写真業界の人には、国内の写真家で、商業カメラマンをせずに、写真作家として食べている人は、1人しかいないだろうという厳しい話を聞いたりした。
 そうしてプロの写真家になりたいということを、よくよく考えていくと、「商業カメラマンになりたいわけではないな」という結論が見えてきたところで、プロの写真家になることを主眼にしなくなくなった。
 
  • プロの道以外は続ける意味がないのか?
 自分の写真を高めたいという気持ちを持つかどうかは、人それぞれだと思う。なりふり構わず、本当にやりたい人は、プロとして頑張れると思う。
 でも自分は、広告を撮影するカメラマンにならなくてもいいし、現代アートを追求する写真作家にならなくてもいい。写真家として写真で食べていくことだけが、写真を続ける道ではないと思うようになった。
 仕事や家庭を持ちつつ、写真を続け、発表していくこと。それは十分尊い。プロでなくても、自分の写真を磨きつつ、世間に評価されなくても、写真を撮ることが楽しいと感じられるなら、写真を撮り続けられる。(もちろん評価されたら、うれしいけれど、その言葉を額面通り受け取っていいのかと考えると、実は頼れることなんてほとんどないと思う)その状況で続けられること、やりたいことを職業として選ぶのではなく、写真を撮り続けるという、生き方の問題なのかもしれない。
 
  • アマチュアはどういう所を目指せばいいか?
 誰の指図も受けず、ただ自分の撮りたい被写体を追求する。アマチュアでも、このことを実践できるのは、それなりに経験を持っていないとできない。でもこれが分かると、とても写真を撮ることが楽しくなる。
 時に伸び悩み、誰にも評価されず苦しくなることもあるかもしれないけれど、楽しい写真生活という理想を探究する。アマチュアの目指す所は、そういう場所なのだと思う。
 写真は基本孤独な趣味だけれど、利害関係が弱い人となら、時々集まって、探究の方法を話したり、写真を見せ合うことは、意味があると思う。「そこまで探究を進めるのか!?」という人と出会うと、自分も頑張ろうと思ったりする。
 
  • アマチュアは写真をどこで見せていけばいいか?
 写真表現は、自分以外の誰かに見てもらって成り立つ。そして写真を撮り続ける人間には、自分の撮った世界を誰かに見てもらいたい欲求がある。
 ブログやSNSといった、ウェブ上で写真を誰かに見せるのは、手軽にできる分、普通は見てくれる人が限定的で、反応が小さい。「バズることがあるかもしれない」ということを考えを持つのは、誰にも迷惑をかけないので、別に問題はないと思うけれど、バズり続けるのは無理だと思う。そしてウェブばかりだと、写真を小さく発表して、消耗して終わってしまう危惧もある。
 貸ギャラリーを借りて、写真展をひらくのは、お金も時間もかかるけれど、自分の写真を見てくれる人と対面で話せる可能性があるので、得られるモノも大きいと思う。
 ZINEは、ウェブで写真を見てもらうのと、写真展を開催することの中間くらいの労力で、見た人からもらえる反応も中間くらいだと思う。
 ZINEはイベントに参加することが中心にあった。今回のZINE「シンクウカン」は、コンビニで出力するネットプリントを中心にしていく予定にしている。イベントもタイミングが合えば出展するつもりだが、コンビニのコピー機で出力できる方が、手軽にZINEを見てもらえるのではないかと思っている。
 シンクウカンに参加してくれる5人に、それぞれの思いがあると思うけれど、個人としては、自分の写真を見た人が「これくらい撮れそう」と思ってくれるといいな、と思っている。写真を続けることは、撮られた写真を見れば当たり前のように感じられることに、地道に続けることの難しさがあるけれど、でもやりたいことなら続けられる、という自分の現状の成果を出せるようにしたい。ZINEなら写真を編んで、そういうことができる可能性があると思う。
 
  • 「シンクウカン」を誰に見てほしいか
 シンクウカン参加者の友達や知り合いなど、身近にいる人に、7, 8年写真を続けているということを見てもらえたらいいなと思っている。そして知り合い以外の、7, 8年写真を続けている4人の写真も見てもらえれば、各人の友達や知り合いを、小さく撹拌できるのではないかなと。そういうシェイクができれば、いいなと思う。
 趣味を持つことや、続けることを、良いことだと思ってもらえるなら嬉しい。
 
 と「シンクウカン」についての期待を書いたけれど、まだ自分もどんな写真を出すのがいいか見えていない。他の参加者の人が、どういう写真を出してくるのかも雰囲気しか知らない。
 時間もあるので、自分の持ちページについて不安にはなっていないけれど、5人の写真がどう並ぶのかな?ということを、一番楽しみにしているのは、自分なんじゃないかと思う。