カシパンドローム

カシパンドロームは小出マワルの所属する個人サークルです

「尼崎文学だらけ」の開催が近づいてきました

 こんにちは。小出マワル。です。

 梅雨のジメジメがお休みになったと思ったら、屋外は灼熱の世界になる関西です。これから夏が本番になるのかと思うと、正直早く夏が終わってほしい気分になります。

 

 でも、暑くなるだろう夏の入り口に「尼崎文学だらけ」が開催されます。

 

イベント名: 尼崎文学だらけ
イベント概要: 文芸誌・創作文学同人誌 展示即売会
日付: 2016年7月18日(月祝)
時間: 11~17時
場所: 尼崎市中小企業センター会館 会議室401・402
入場料: 無料

 

necotoco.com

 

 私は「尼崎文学だらけ」で「白黒川柳①」を委託出展します。

 

 今日、コンビニのコピー機で白黒川柳を1部プリントして、「何か、おかしい気がする...... 」と思ったのですが、かと言ってページの順番が間違っている訳でもなく、「気のせいかなぁ?」と思い、全部数をプリントアウトしてきたのです。

 その異変は、冊子を折り始めてすぐ気づきました。「あれ?あとがきの後に、空白ページが4ページもある!(2ページのはずだったのに...... )」。

 聞いたことがある話ですと、直感というのは7~8割は正しいそうです。「変だな?」と思った時に、もっと詳しく見ていたら... 。

 原因は改行を入れたら、ページが増えてしまったためのようです。でもプリントしなおすお金ももったいないので、あとがきの後の白いページが多いまま出展して、「あほやなぁ」と苦笑しながら見ていただければと思います。(致命的じゃないから、という言い訳をしつつ)

 

 「尼崎文学だらけ」では、読書会という見本誌を読む会が6/28に開催されました。そこで「白黒川柳①」の推薦文をいたきました。ありがとうございます。とてもうれしいです。引用でご紹介させていただきます。

白黒の写真に川柳がひとつずつ付けられている写真集。

どれもすこしだけずれた異世界にいるみたいで

川柳が写真に時間を遡っているような奥ゆきを出している。

「案内は直進ですBADでも」という川柳がとくに好き。

どんな写真に寄せられたものかは、ぜひ実物で御確認ください。 

http://necotoco.com/nyanc/amabun/guide/bookview.php?bookid=70

 

 イベント開催中か、開催後に、出展された同人誌の通販も予定されているようですので、当日会場に足を運べない方は、「尼崎文学だらけ」のHPをお見逃しなく!

尼崎文学だらけ

 

 いよいよ夏本番の暑さになっても、みなさん夏に負けないように、お気をつけてくださいね。では、また。