カシパンドローム

カシパンドロームは小出マワルの所属する個人サークルです

なかなかどうして(190405)

前回のブログ更新から半月ほどたちましたが、次の写真展の準備もあって、進捗はほぼありません。

 

進んだのは、「もし~だったら?」というストーリーのネタだしで、30個書き出してみたことくらい。

しかしコンセプトやストーリーとして活かせるネタは、なかなか出ません。

ストーリーをひねったり、レイヤを重ねる方法を、まだまだ考えたほうがよさそうです。

 

そんな中、ふと思ったのは、「創作活動をされている方の準備期間は、どれくらいの長さなんでしょうね」ということ。

専業の商業作家の方が、「プロットを完成させるのに、1~2年は必要」と書かれていて、ちょっとめまいがしました。

私は、もうちょっと気軽に書きたい気もします。

 

そして書いたお話を置く場所の話として、カクヨムが新しい環境づくりに挑戦するというツイートがありました。

 

イムリーに漫画家の田中圭一さんが、こんなツイートをされていたり。

 

漫画と小説の違いはあれども、小規模経営の創作業はこういう流れなんでしょうね。

 

ブログにしても、PodcastYoutubeにしても、5年、10年と活動を続けられる人はそうそういません。

お金が活動を継続してくれる訳ではないとは思いますが、ちょっとした支援が助けになることもあると思います。

 

自分はもっと小さな創作を楽しみつつ、活動を続けていきたいなと、今は思っています。

ではまた。

少しづつ?少しずつ。(190314)

ご無沙汰しております。

梅の花が咲いて散り、次は桜の花が楽しみな季節ですね。

私は目下、来週からの写真展の準備に、時間を使っています。

でも、お話を書く準備もこっそりと…進めています。

 

陰陽師のプロットは、お話を書き出すまでにエナジーが至りませんでした。

今は、これまで書いてきたお話に何が足りないのか、少しずつですが勉強しています。

 

物語の摂取は続けているので、アイデアを出してコンセプトをねり、要素が集まって、「これは書くに値する」と思えたら、お話を書きます。無理はしませんが。

 

次のお話は、ペーパーウェル02に間に合うかな?

 

ではまた。

週報190105

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

毎日、日記を書いたり、バグノートを書いている。本の書き写しも、続いている。

これらが、お話を書くのには直結しないだろうが、とにかく手を動かしていたほうが、気が紛れる。

 

最近は、これらの作業をポモドーロタイマーで区切っている。

調子の善し悪しがわかるので、なかなかおもしろい。

使おうと思えば、お話の執筆にも使えそうだが、使って面白いお話が書けるかな?

 

今年は年間読書100冊を目標に読んでいこう。

例年、意識せずに読んでいたが、決めたほうが気分が違うかなというくらいなのだけれど。

 

気力体力が落ち込んでいるので、まず基本の生活を整えることから、始めて行こう。

身体を動かしていけば、集中力も出るし、肩や腰もマシになる。

あと、歳なんだから疲れるまで作業しないように。これはポモでなんとか管理できるだろうけど。

 

今年の目標

  1. 年間2本、ショートショートを書き上げる。
  2. ショートショートの読書量を増やす。
  3. イメージがないけど、写真小説というようなものを書いてみる。